画像をクリックすると、大きなサイズの画像と植物名が表示されます。

※(単)単子葉植物。(双)双子葉植物。(在)在来種。(外)総合対策外来。     (重)重点対策外来種。(薬)生薬。(食)人が食したことのある植物。

※※ 被子植物の分類は旧分類に基づきますが、将来APG体系になる可能性があります。

 

あ行

アメリカネナシカズラ

(双)(非意図的移入)ヒルガオ科ネナシカズラ属

寄生植物


ウンラン

(双)(国内由来の外来種?)ゴマノハグサ科ウンラン属 神奈川県絶滅危惧Ⅰ



オカヒジキ

(双)(在)(食)アカザ科マツナ属

塩生植物


オニシバ

(単)(在)イネ科シバ属

神奈川県絶滅危惧Ⅱ類


か行

ギョウギシバ

(単)(在)イネ科ギョウギシバ属


ケカモノハシ

(単)(在)イネ科ケカモノハシ属

扁平な総が二本接する。節に毛がある。飛砂対策に貢献。


コウボウシバ

(単)(在)カヤツリグサ科スゲ属

雄雌小穂


コウボウムギ

(単)(在)カヤツリグサ科スゲ属

雌雄異株。無柄小穂の円筒状花序

飛砂対策に貢献。


コマツヨイグサ

(双)(重)アカバナ科マツヨイグサ属

アレチマツヨイグサも見かける。



さ行

スナシバ

(単)(在)イネ科シバ属

神奈川県絶滅危惧二類








た行

ツルナ

(双)(在)(食)(薬)ツルナ科ツルナ属

腋生の、黄色く見える花は花弁ではなく萼。塩生植物。別名ハマヂシャ、ニュージーランドホウレンソウ。生薬の晩強。詳しくは別紙へ


テリハノイバラ

(双)(在)バラ科バラ属つる性木本

日本のバラの原種の一つ。クチクラ層あり。

多くは白い花。香りの強い個体もある。


トベラ

(双)トベラ科トベラ属

植栽された常緑低木。



な行

ナガミヒナゲシ

(双)(観賞用として導入)ケシ科ケシ属




は行

ハマエンドウ

(双)(在)マメ科レンリソウ属

総状花序。偶数羽状複葉。

クロマメゾウムシ(神奈川県絶滅危惧Ⅱ類)の寄主生物。


ハマスゲ

(単)(在)(薬)カヤツリグサ科カヤツルグサ属 塊茎が生薬の香附子

スギナとともに、世界の強害雑草と言われる。日本以南、南半球に分布。


ハマダイコン

(双)(在)(食)アブラナ科ダイコン属


ハマニガナ

(双)(在)(食)キク科ニガナ属

掌状3~5深裂  別名ハマイチョウ


ハマニンニク

(単)(国内由来の外来種)イネ科エゾムギ属 別名テンキグサ

飛砂対策に貢献。

 


ハマヒルガオ

(双)(在)ヒルガオ科ヒルガオ属

腎形葉序。クチクラ層あり。浜辺の似た花にグンバイヒルガオ(サツマイモ属)(葉が、相撲の軍配形)があり、新島には生息するといい、こちらは地球ぐるり熱帯・亜熱帯が生息域。

ハワイ・カウアイ島で。


ハマボウフウ

(双)(在)(食)(薬)セリ科ハマボウフウ属

根茎が生薬・北沙参

湘南ゆかりの海浜植物。詳細はこちら


ビロードテンツキ

(単)(在)カヤツリグサ科テンツキ属

神奈川県絶滅危惧Ⅰ



ま行

マルバシャリンバイ

(双)バラ科シャリンバイ属

植栽の常緑低木


ムギクサ

(単)(非意図的移入)イネ科オオムギ属



や行




ら行





わ行