海浜植物の育苗試験~『砂草ハンドブック』づくりを目指して

神奈川県の絶滅危惧種に限らず、現存、入手可能な自生種の発芽から育苗、再び種子の採種までを試験し、増殖を試みています。

湘南海岸の海浜植物の種子発芽・育苗の体験を積み重ねてきました。

今後、この経験をふまえて『ハンドブック』づくりによって、各地の海浜植物保護に少しでもお役に立つよう励んでいます。

《ゆい》は、決して湘南海岸の海浜植物を他の地域に持ち込むことはいたしません。その地域、そ地域で『希少』となったり、『絶滅』の恐れの出ている海浜植物の復元・保全に役立ちたいと考えています。


市民参加事業では、このようなことをしています。

海浜植物観察会

海と陸の境界・浜辺をおとずれ、砂浜からクロマツ海岸林までを歩きながら、どんな植物がいて、どんな花がいつ咲き、種をつけ、そこにどんな虫が訪れるのかなどを知り、海浜植物と仲良しになりましょう。


海浜植物の保全と再生事業

外来種の除去や在来種の植物を植え戻します。この事業は、メンバー以外に、地域の人たち、保育園児さん、生徒さん、民間の団体さんや行政の人たちとも一緒になっておこなっています。


海浜植物をもっと知ろう!砂草講座

海浜植物の特徴は?住んでいる環境は?などなど様々なお話しをしたり、様々な海浜植物を見たり湘南海岸以外の浜辺を紹介したりします。植物たちから、いろいろ学びましょう。


交流会〜浜辺の生き物をまもる

浜辺の生き物をまもる、各地の仲間とお付き合い



それ以外の事業

神奈川県の絶滅危惧種に限らず、現存、入手可能な自生種の発芽から育苗、再び種子の採種までを試験し、増殖を試みています。


地域生物資源の活用事業

湘南の地ゆかりの”はまぼうふを特産物として、活き活きとした地域おこしに役立てようと試みています。他の生物資源も視野に入れながら行ってゆきます。

地域経済に関与する事業の中には、障がいのある方たちが共に支え合う事業もインクルードしようと模索しています。この特産物生産の場はいわば”特区”として、地域の方々には暖かい心でご理解と賛同をいいただきたいと願っています。

 

中華料理専門家に試して頂いた、当団体の生産物《湘南はまぼうふう》を使った中華料理の一品です。

なつかしいハマボウフウの風味が口いっぱいに広がりました。